武士の「食」を楽しもう。

七十二候(小満)きす

 

歴代の徳川将軍が好んだ魚。

それが「きす」。

 

 

万物しだいに長じて

天地に満ち始める時期

それが、今の季節「小満」。

 

前年の秋に植えた麦が成長し

穂を実らせるため、

 

少し満足するという意味から

小満と言われてきた

この季節に多くの人達に愛され

徳川将軍も好んで食べた魚が

「きす」なのです。

 

 

初夏から初秋にかけて産卵する為、

餌をよく摂るようになるので

美味しくなり、餌を摂るために

水面近くに集まる魚なので

釣り人にも人気の魚です。

 

江戸前天ぷらには欠かせない魚で

「海のアユ」と呼ばせるほど

美しい魚で、江戸時代、

歴代の徳川将軍はキスを非常に好み、

毎朝の食膳に、焼いたものと

煮たものをそれぞれ2匹、

必ず出させていたのだそうです。

 

美味しいことにプラス

縁起もかついだという話。

 

キスという漢字は魚偏に

喜ぶ(鱚)と書きますが、

これがめでたいとされていたようです。

 

柔らかで上品な味の白身は、

塩焼きや刺身、天ぷらなど

美味しくいただけます。

 

 

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

 

大掃除・納会(令和元年)

  今年(2019年)も 誠心館道場の大掃除を行いました。   平成から令和になり、 あっ […]

Read the rest of this entry »
 

スイカ(熊本県菊池市)

  令和元年(2019年)の 全日本居合道連盟 武蔵会夏期合宿にて   菊池産スイカの 差 […]

Read the rest of this entry »
 

駒どり「英彦山」やまめ料理

    ここは   福岡県田川郡 添田町落合「彦山駅」の 真正面にあります &n […]

Read the rest of this entry »
 

お菓子でできた肥後鐔

  平成29年11月19日(日) 熊本県護国神社境内にて開催された 第3回熊本城下町・菓子祭りにて […]

Read the rest of this entry »
武士道