武士の「食」を楽しもう。

水菜の鍋(七十二候・小寒)

 

 

1年を通して、最も寒い

「寒(かん)」の 時季に

突入しておりますが、

 

九州では比較的、

暖かい日が続いています。

 

小寒とは本来、

寒さが極まる前といった意味ですが、

「小寒の氷、大寒に解く」という

故事があるように、大寒より

寒くなることもあります。

 

剣道や空手の皆様、

そして居合道の皆様も

寒稽古などが始るのも

この頃ですね。

 

そんな寒い日は

お鍋などはいかがでしょうか?

 

この季節のおすすめは「水菜」。

 

もともと京都で作られていたため

「京菜(きょうな)」や

「千筋(せんすじ)」とも

呼ばれております。

 

シャキシャキとした食感で

鍋料理にとても合いますね。

 

寒い季節は「水菜の鍋」で

暖まってくださいね。

 

 

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

 

駒どり「英彦山」やまめ料理

    ここは   福岡県田川郡 添田町落合「彦山駅」の 真正面にあります &n […]

Read the rest of this entry »
 

お菓子でできた肥後鐔

  平成29年11月19日(日) 熊本県護国神社境内にて開催された 第3回熊本城下町・菓子祭りにて […]

Read the rest of this entry »
 

和食を考える

  平成29年(2017年) 9月2日(土) 福岡国際会議場にて   国際シンポジウム・市 […]

Read the rest of this entry »
 

湧水が戻った水前寺公園

  熊本地震で 一時は湧水が減っていた 水前寺公園に   昔と変わらず 美しい水が溢れてい […]

Read the rest of this entry »
武士道