武士道の「道」を学ぶ。

二天一流(細川家伝統兵法二天一流)

細川家がいなければ、

宮本武蔵の「五輪書」は存在しなかった。

剣豪・「宮本武蔵」の才能を最も認めた一族。

それが「細川家」です。

2012年1月8日(日)

福岡県太宰府市の九州国立博物館にて

「細川家の至宝」展の特別企画

ワークショップ「剣豪・宮本武蔵になろう!」が開催。

二天一流を見学いたしました。

この日の太宰府は観光客でいっぱい。

「細川家の至宝」展も大盛況でした。

宮本武蔵。

戦乱の世が終息に向かおうとしていた16世紀末、

不世出の剣豪がこの世に誕生しました。

 

生涯に60回以上の真剣勝負に挑み、

名立たる武芸者に勝利して名を上げるも、

平和な時代に自分を活かす場を見つけられず

長い放浪生活を余儀なくされました。

そんな武蔵を理解したのが、細川忠利公。

肥後藩藩主、現在の熊本県のお殿様です。

 

忠利公よって武蔵は才能を認められ、晩年は、

熊本県にて過ごしたことがきっかけで、

五輪書をはじめ、兵法二天一流が残ることになったのです。

今回は、その細川家に伝えられた

宮本武蔵の兵法と生き方を体験し、

二刀流の剣豪・武蔵になりきるワークショップが開催。

対象は小学4年~中学生です。

講師は、宮田和宏先生

(細川家伝統兵法二天一流11代継承者)。

まずは先生達による二天一流の演武を見学します。

相手が攻撃をしかける瞬間に勝負が決まる迫力ある演武。

武蔵の技を現代に見れる貴重な体験です。

右手に大太刀、左手に小太刀の二刀を用いる独自の兵法。

幼い頃に私が見た、松永展幸先生の二天一流を思い出しました。

居合道にも相手の懐に入り込み、攻撃する技がありますが、

二天一流の場合、

右で受けた時には、すでに左手が斬っている状態。

武蔵が幾度の闘いの末に辿り着いた究極の型なのでしょう。

参加している子供達の表情も真剣そのもの。

いつの時代も「強くなりたい」と願う気持ちは同じ。

きっと子供達も「武士」の強い心を持って

自分の人生を闘っていこうと思っているのかもしれません。

先生達のあたたかいご指導により、子供達も二天一流を学びます。

やさしく丁寧に子供達に教える先生達。

師匠から弟子に愛情を持って伝える

日本の武士道を体験する良い機会ですね。

わずかな時間でしたが、貴重なご演武を見学させていただきました。

関係者の皆様に心より感謝いたします。

今後も武士の美学を研究していきたいと思います。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

 

令和元年・岩田悠山先生追悼大会(その1)

  令和元年9月8日(日) 熊本市龍田体育館にて   全日本居合道連盟 九州地区居合道連盟 […]

Read the rest of this entry »
武士道