武士の「食」を楽しもう。

卑弥呼醤院(心と体をきれいにする食事)

ぽかぽか〜。

体の芯まであったまる美味しい味噌汁。

日本人にはかかせないものです。

本日は

人を幸せにする「味噌・しょうゆ」をご紹介。

ご紹介するのは

「卑弥呼醤院(ひみこしょういん)」

熊本県北部の山鹿市・鹿本町にあります

手作り・無添加の「生みそ・しょうゆ」の老舗です。

卑弥呼醤院

細川藩の時代から酒蔵だった店を、

明治7年に味噌・醤油の店に特化し、

現在も営んでいる「卑弥呼醤院」。

こちらが明治7年から現在も使われている味噌の蔵。

みそ・醤油は生き物。

麹菌は毎日の温度、湿度の変化により個性を持つため

人の手で最新の注意を払って作らなければできません。

菌が生きている。

木の箱に自分の力で張り付いている麹。

この生命力が美味しさの秘密なんです。

無添加、無農薬。

簡単に言いますが、それができるのも

人が愛情を持って丁寧に作るからこそ。

毎日、何気なく使っている味噌や醤油。

だからこそ、安心して食べられる自然豊かなものを作る。

職人の熱い想いが込められています。

無添加。

保存料、漂白剤、調味料、甘味料などを一切使用していません。

国産原料。

厳選された地元の大麦、米、大豆を使用。

雑穀類も国内産原料100%使用。

自然の恵みを、人の愛情で作る。

その食材を、大切な人を想って作る。

いただく人は感謝して食べる。

 

そんなシンプルなことが

心と体をきれいにすると思います。

 

武士の時代に当たり前だった日本の食生活。

今、見直す時期がきたと私は思います。

こちらには1階にショップがあり、

作りたての「味噌・醤油」を購入することができます。

無農薬のお米。

こだわりの食材がたくさん。

2階は食事ができるcafeのコーナー。

さらに、古美術も置いてあり楽しめる空間。

もちろん食事も楽しめます。

日本人の基本食となる、ごはん、味噌汁。

豆腐や漬け物。

 

とにかく1度、食べて見てください。

美味しさに驚きます。

無農薬のお米で作った「おにぎり」。

味噌アイス

なんと!「味噌アイス」。

キャラメルのような風味で美味しい。

愛情があるからこそ、本当に美味しい食が生まれる。

あらためて食材に感謝、作る人に感謝。

食べ物を通して人は繋がっていくような気がしました。

 

「日本伝統の食」を教えていただいた

卑弥呼醤院の皆様に心から感謝いたします。

 

ぜひ、皆様も、この味をたしかめてください。

卑弥呼醤院 公式サイト

http://www.misosyouyu.com/

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

 

スイカ(熊本県菊池市)

  令和元年(2019年)の 全日本居合道連盟 武蔵会夏期合宿にて   菊池産スイカの 差 […]

Read the rest of this entry »
 

駒どり「英彦山」やまめ料理

    ここは   福岡県田川郡 添田町落合「彦山駅」の 真正面にあります &n […]

Read the rest of this entry »
 

お菓子でできた肥後鐔

  平成29年11月19日(日) 熊本県護国神社境内にて開催された 第3回熊本城下町・菓子祭りにて […]

Read the rest of this entry »
 

和食を考える

  平成29年(2017年) 9月2日(土) 福岡国際会議場にて   国際シンポジウム・市 […]

Read the rest of this entry »
武士道