肥後金工師+細川家の至宝展

「肥後金工師」の菊川輝夫先生が九州国立博物館に来られる!

というご連絡をいただき、2回目となる「細川家の至宝」展へ。

無双直伝英信流の

曽我部先生が「鞘師(さやし)」としてもご活躍され、

菊川先生と肥後金工を通じて交流されたことがきっかけで

今回、肥後金工師の皆様が集結し、曽我部先生と

「細川家の至宝」展を一緒に見学することになったのでした。

左から無双直伝英信流の太田先生、曽我部先生。

菊川先生、山田さん、稲田さん。

 

菊川輝夫先生は、肥後金工の人間国宝

(故)米光太平光正の弟子で

現在も熊本県にて肥後金工を作り続けておられます。

 

そして

今日、集まった山田さん、稲田さんは

その肥後金工の文化を受け継ぐ貴重な継承者の皆様です。

細川忠興(三斎)公の美学と

千利休居士の美学で生まれた肥後金工。

あらためて、

この素晴らしい日本が世界に誇る文化を

次の世代に繋げようと思った1日でした。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

3 Comments »

 
  • 山田 慶広 より:

    先日は、大変お世話になりました。思い出に残る一日でした。今後とも、よろしくお願いします。

  • 山田 慶広 より:

    返信、遅くなり申し訳ありません。
    今後ともよろしくお願いします。

 

武士道美術館 にコメントする

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

武士道